みぎあし、こゆびのくつズレ

がんばった6cmのヒール

横尾さんちの渉くん。

自分の頭の中を整理したくて、かきはじめました。なのでわりとごちゃごちゃしてますが、ゆるして。
なんだかよくわからない、‪もうやめよう、やめちゃえばこんな悩まなくてすむって、分かってるんだけども、どんなにやめようとしたって‬
‪いままでずっとだいすきだったんだから。‬
‪もう顔も、名前ですらも見たくないんだけどやっぱり気になっちゃう、きらいにはなれない‬

 

横尾さんについて。
わたしはきたやま担です。
でも
顔は!横尾さんが大好きです!!
きたやまくんもかわいい、かっこいいとはおもうけれども。
横尾さんの!顔が!(きたやまくんにはない)足の長さが!モデル体型が!
容姿におけるすべてが本当にどストライクでした。


わたしはビギナーズ出です。
友人にjr.時代から玉担の子がいて、ビギナーズの話した時に 「藤ヶ谷くんてかっこいいね。」と軽くいっただけで、良くあるヲタクの押し売りが始まりました。DVD全部貸すよと押し付けられ、チケ代出すから一緒にライブ行こう!絶対ハマるから!といろいろ見させられてるうちに、きたやまくんの仕事に対する姿勢であったり、あの、熱血漢、昭和感漂うチャラさと誠実さのギャップにハマりだしたと同時に
横尾さんの顔が好みすぎて死にました。

 

ジャニショにいったら買う写真はきたやまくんより横尾さんの方が枚数多かったり、雑誌を買えばやたら横尾さんのページだけ舐めるように眺め続けて。
いつも友人には「きたやま担て言うけど、横尾さんへの愛の方が強いよね」と言われます。
たしかに横尾さんの顔が大好きでした。でも、横尾さんのダンスを完璧に仕上げてこないところであったり、マイクを握る手で口元を隠していることであったり、俺はアイドルになるつもりじゃなかった兄の夢を背負った、と言う
いつだって周りには厳しいくせに自分には甘くて、アイドルであるという責任を、自分はなりたくてなった訳では無いと、お兄さんのためなんだと逃げる横尾さんがあまり好きではありませんでした。でした。(でも顔とスタイルは大大大好き)

自分で選んだ道、自分で選んだ人生なんだから
たとえ滑舌が悪くてトーク苦手でも、歌が下手だって、ダンスが苦手だって、
最後まで全力で取り組んで欲しかった、きちんとやることを全うして欲しいといつも思っていました。
特に、アイス副音声の、ご飯の事考えてた。とか宮田くんのがっつり踊るのいいよね発言に対しての俺はむり とか。やる気が見えない、じゃなくて、やる気がないことを見せてくる。それこそが、顔大好き中身嫌いな横尾さんではなく、中身が大大大好きなきたやまくんを担当にした一番の理由でした。

わたしは
やっと宮田くんがアイドルとしてもヲタクとしても輝くことの出来るステージが与えられたんだと、
二枚目で目指してキメッキメだけどしゃべると面白くてよく笑う二階堂くんのよさが全面にでると、
後ろに下がっていたって、いつだって一生懸命で手を抜かない千賀くんにもスポットライトがあたるんだと、
多分本人たちはこんなアイドルらしくない売れ方で不本意な部分はあったかもしれないけど、4人が活躍できる場として「舞祭組」をあたえてくださって、嬉しかった。舞祭組が、すきでした。

でも、舞祭組だから。歌もダンスも別に一生懸命やってる風なら、出来なくてもいいんだと、甘えてしまうのではないのかと、またはおれは舞祭組だからと、ひねくれて更にやる気をなくしてしまうのではないかと、横尾さんに対しては、すこしだけ不安でした。

 

ここまですこし横尾さんを否定するような事をいってしまいましたが、そうはいってもわたしは横尾さんの

顔と!
スタイルに!
ベタ惚れだったので、なんだかんだ音が外れても。リップ間違えても。ダンス間違えても。1ミリもやる気が感じられなくても。ヲタクがきらいでも。
それでも、
顔やスタイルなど容姿へのベタ惚れ加減から何重にもフィルターがかかって、そんなのいい気にしない。だって、顔が好みなだもん。
て感じでした。あぁ、ほんとわたしってばヲタクの鏡だわ。チョロい。チョロすぎる。

 

 

ところで、今回の騒動が起こったあとで、いままで言わなかったくせにいきなり横尾さんの嫌いなところを言い出すのはダメ、横尾さんが可哀想、みたいな言葉をよく見かける気がします。
わたしは本当に横尾渉がすきだったからこそ、キライだと思う部分も我慢して、ほんの少しの横尾さんのいいところだけで嫌いなところを覆い隠していました。嫌いなところも、好きになろうと頑張っていました。
でもさ、今回みたいなことされたら、もう覆い隠してくれていたもの、全部飛んでっちゃうよ、丸見えになっちゃうよ、仕方ないよ。

 

横尾さんももう30超えてますから、
(ファンとして何も思わない訳では無いですが)
彼女がいてもいいとは思ってます。私生活が充実している事で多少なりとも仕事にもやる気がでるんじゃないのかなーとか。

別に別れろとは言いません(彼女は未だに新しくアカウントを作ってこっそりSNSをやってるくらいですので別れた方が横尾さんの為だとは思いますが)
わたたいといい、匂わせ彼女も匂わせ元カノも。
横尾さんは誰かに依存していないと生きていけない体質なのかは知りませんが、わたしは「横尾 渉」と言う「アイドル」が好きで、多くのお金を払ってCDやライブなどを「買って」います。
彼女がいることはいいです。
ただお金を払っている私達「ファン」に対してこれはあまりにもひどい仕打ちではないかと。

歌も、ダンスも、しゃべりも無理。
常識人として、マナーに厳しい キスマイの母としての地位。
そんな横尾さんが、「芸能人と付き合ってる自分」をSNSで自慢するような方と付き合っているという事実がとても悲しいと同時に失望しました。

 

必死で隠して好きになろうとしていたわたしが嫌いな部分の横尾さん。おっきくおっきくなりすぎて、隠しきれなくなっちゃった。

 


わたしはアイドル横尾渉が好きでした。だってキラキラ輝く顔とスタイルに対して抜けてるところ(滑舌の悪さ)がすっごく好きだったから。別に俳句詠んでるところが、ペット介護だったり料理だったりマグロだったり、いろんな所に手を伸ばして、お前はタレント芸人かよって言いたくなるようなそんなところも、別に自分にはそのスキルが必要なんだと一生懸命取り組んでいるなら、嫌いではなし、なんだかんだ芸能界で長く大きく生きようとする横尾さんの頑張りは好きだったけど、
やっぱり横尾さんは根本はタレントでも芸人でもなくてアイドルなんだから。アイドルという看板を背負って立っているんだから。
アイドルとその彼女との私生活なんてわたしたちは1ミリも知りたくないし、どこまででもアイドルでいてほしかった。

 

いままでのように大好きだった気持ちはもうないはずなのに、何故か横尾さんのことがまだ大嫌いにはなれない。
いくら悩んでも、考えても、答えが見つからない。からこんなに苦しい。悲しい、悔しい。

 

隠す意思もなく、彼女に好き勝手写真撮らせてSNSにアップさせておいて、
ファンへごめんなさいのコメントをださない。(まぁそこは事務所が止めてるのはわかるけれども。)このまま風化していくと、逃げ切れると思わないでほしい。アイドルなんですから。あなたひとりのグループじゃないんですから。その地位にいるならその地位にいるなりの対応してほしいと切に願います。

とにかく

横尾さんの坊主頭、まっています。